Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】2021年Jリーグ GKのこのプレイにピックアップ!#22

こんにちは! Nishi です。

 

今日は週末に行われたJリーグの試合から、僕が気になったGKのプレイを紹介する企画第22です^^ 

 

主に、GKのワンシーンに対して良かった・悪かったと個人的な視点で分析しているので、その前後にあった他のディフェンスのミスは考慮しておりません。

 

あくまでも、GKの技術で防げたであろうプレイに焦点を当てていますので、予めご了承下さい。

  

足には当てたけど…

youtu.be

まずは神戸vs湘南の試合から湘南GK富居選手のプレイに注目しました。

 

神戸・古橋選手の見事な飛び出しから1vs1のシュートを決められた場面ですが、股下ちょっと明けすぎでしたね。

 

タイミングを図った時に、少し足が外側に開けてしまったのが少しもったいないなっと思いました。

 

足を外に開くにしても、両膝の力を内側に入れてもらいたかったなとも思います。

 

ちょっと状況違うけどスオヴィク選手くらいの構え方がいいですね

youtu.be

このくらいだと股下も狙いにくいし、また、膝をひとつ分中に入れるだけでも違います。

 

シュート前の駆け引きの段階で古橋選手の細かいフェイントも上手かったとも思いますが、GKとしてはその”釣り”に乗っからないように注意して欲しいですね(^^;

  

今やGKも足元のテクニックは必須

youtu.be

柏vs横浜FMの試合から柏GKキム選手のプレイです。

 

フィールド選手からバックパスを受けたキム選手は、トラップをして次に展開しようとしますが、トラップが大きくなり、追いかけていた前田選手にかっさらわれて失点してしまいました。

 

こうも大きくトラップしたら取られるし、今の時代はやっぱり足元おろそかにしたらダメですね(^^;

   

倒れた選手がいたから外に出そうとしたっていう説もあるけど、それなら尚更ダイレクトで外に出さないといけないし、また逆サイドに散らしてボールを奪われるリスクを避けなければいけません。

 

あれだけ詰められても余裕を持たせるのは、状況判断としても間違いだったと思う。

 

ここは言い訳なしに反省して欲しいですね(^^;

 

今節のナイスセーブ

youtu.be

今節のナイスセーブは清水の権田選手を選びました。

 

シュートに対するポジション取りがよかったですね。

 

リプレイでもわかる通り、ディフェンスも最低限のコースを切っており、きちんと自分の視野を確保したポジションにいます。

 

シュートを打たれたので一見危ない場面に見えるけど、権田選手的には余裕があったプレイだったと思う。

 

攻め込まれても、自分は余裕を持って止められる状況を作るのも、技術の差として出てきますね。

 

派手めなセーブではないけど、一連の流れから思わず拍手をしたセーブでした^^

 

度重なるピンチを防ぐビックセーブも魅力ですが、正しいポジションにいて簡単に見えるようなセーブもまた魅力のひとつだと僕は思います^^

 

おわりに

f:id:nishi30:20210705192021j:plain

東京オリンピックも開幕まで三週間になり、今日から代表チームの合宿が始まったようです。

 

海外では、EUROや南米選手権が佳境を迎え、オリンピックにも出場する敗退した国ではオーバーエイジ枠を使ってオリンピック代表チームに合流した国もありますね。

 

スペイン代表は、A代表クラスの選手を揃えているという情報もあります(^^;

 

逆にフランス代表のようになかなか骨組みがしっかりしない国もあるようですね…

 

こういう情報を聞けば、日本代表は今から合宿を組めているので、マシなのかなって思います。

 

せっかくの地元開催なので、しっかりと調整をして良い結果を勝ち取って欲しいですね^^

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村