Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】久保選手とメッシ選手の比較ってどうなの?

こんにちは! Nishi です。

 

Jリーグが再開され、国内のサッカーの話題で盛り上がりも出てきましたが、海外の日本人選手の活躍もたくさんあります^^

 

ドイツでは、大迫選手の活躍で所属しているブレーメンが一部リーグ残留が決まりました。

 

大迫選手もリーグ再開後、ゴールを量産して残留に貢献しました。

 

ただ個人的な感想としては、残留争いよりも、もっと上位での争いで貢献して欲しかったという思いもあります(^^;

 

こればかりは、大迫選手個人だけの問題でもないので、クラブチーム全体として来シーズンの飛躍に期待します。

 

他には、スペインリーグのマジョルカに所属している久保選手も再開後はスタメンでの起用が増え、試合を重ねるごとにたくましさが増していっています。

 

この活躍には、日本メディアだけではなく、現地メディアも太鼓判を打っています。

 

リーグ戦が終わったあと、保有先のレアル・マドリーに戻るかまた新たなレンタル先に移籍するのか今も注目されています。

 

あの選手との比較は妥当か?

www.football-zone.net

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

そんな目の離せない選手になった久保選手には、いろいろな憶測の記事が出回るようになりました。

 

それだけ期待値と価値のある選手の一人として、世界的にも見られるようになったということでしょう^^

 

しかし、そういった憶測記事でも、ん?っと思うような妙な記事もあります。

 

上記のようなメッシ選手との比較記事です。

 

メッシ選手の19歳当時の成績とわざわざ比較している内容なんですが、クラブレベルやプレイスタイルも違う選手と比較して果たしてそれは正しいものなのか疑問に思います。

 

19歳当時のメッシ選手と比べて、久保選手が成績では上だと一喜一憂するのはちょっと違うと思います(^^;

 

メッシ選手は、バルセロナという世界的名門クラブ

 

久保選手は、マジョルカという地方都市のクラブ。

 

バルサではメッシ選手のポジションにエトー、ロナウジーニョ、ジュリー、ラーションといった世界に名だたる前線の選手がいる中でのあの成績。

 

また後ろでサポートする選手に、イニエスタやシャビ、デコ、マルケスなど世界でもトップレイヤーと呼ばれる選手達がたくさんいました。

 

一方、久保選手が所属しているマジョルカはそういったスター選手はいません。

 

試合にもレギュラーとしてほぼ確約されて出場しています。

 

こういった、クラブレベルが違うのに比較して意味があるのか?っと僕は疑問に思います(^^;

 

比較するのであれば、同じクラブに所属しているとかにしないと意味がないのでは?と思います。

 

プレイスタイルも違う

f:id:nishi30:20200708150319j:plain

またプレイスタイルも違います。

 

わかりやすく言えば、メッシ選手は自分も得点を決めにいく、セカンドストライカータイプ。

 

久保はどちらかというと、FWなどにラストパスを送りお膳立てするトップ下タイプです。

 

読者ウケを狙ってこういう企画をするんだろうけど、あんまり意味のないことをしても仕方がないと思う。

 

久保選手も困るだけだと思うしね・・・(^^;  

 

久保は久保でメッシはメッシです。

 

久保選手のこれからの成長を期待するんであれば、誰かの比較より彼が出ている試合の分析をして良い悪いを記事にした方が久保選手の為だと思う。

 

同じ比較ものを記事にするのであれば、同じタイプの選手にスポットを当てるか、現段階での現役選手と比較する企画ならまぁありかなと思います。

 

こういった論点がズレた比較ものは国内だけではなく、海外の記事でもよく目にします(^^;

 

世界的にも読者ウケを狙う記事なんだと思いますが、サッカーファンとしてはもうちょっと人選とか考えて欲しいなぁと思ってしまいます(-_-;)

 

まぁそれも興味を惹かせるための手法なのかもしれませんが、僕はあまり好きではない手法です・・・

 

おわりに

f:id:nishi30:20200708150249j:plain

サッカーもエンターテイメントの一部であり、収益が発生する商売でもあるので、売り上げアップの為に煽ることは必要なことなのかもしれません。

 

ただし、盛り上げるためといって本来の趣旨とズレた内容だと、やがて失速する危険性が伴います。

 

例えば、周知のためにアイドルとの抱き合わせで大会を運営していたけど、肝心の競技が強くならないとお客さんも離れていってしまいます。

 

周知させるにしても、競技性にもっとスポットライトを当てて欲しいと僕は思います。

 

昨年のラグビー・ワールドカップの盛り上がりは、その点を注意して宣伝広告していたと思います^^

 

にわかファンでもわかるルール解説や、日本代表や海外選手の特徴などファン層の取り込み戦略は良かったと思います。

 

サッカーも人気が定着してきたと油断して、あぐらをかいていると知らないうちに人気が低迷する時期になるかもしれません(^^;

 

たかがひとつのニュース記事のズレた内容だとしても、ファン離れにも繋がるので論評もきちんと考えてほしいと思います^^

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

⇓参加しています。ポチっとしてくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

この記事よかった!っと思いましたら、スターかブックマークを押してくれると喜びます^^