Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー・フットサル】カンナバーロから学ぶ、”基本”的な能力を高めること

こんにちは! Nishi です。

 

現代のサッカーでは、どのポジションでも体格が大きいと、それだけ優位にプレイしやすいとされ重宝されます。

 

特に空中戦が多い、CF(センターフォワード)やCB(センターバック)、GKのポジションではその傾向が強い感じがします(^^;

 

確かに有利ではありますが、サッカーという競技の特徴上、一番大切かといえばそうでもないです。

 

あくまでも、相手よりゴールを多く獲るのが目的なので、その方法は空中戦だけではないからです。

 

また、多くの時間帯は地上にボールがあるので、やはり陸上で行われる競り合いやボール技術での勝負の方がより多く繰り広げられます。

 

やはりポジションはどこであれ、一番大切な事は、ボールを足で扱う技術がサッカーでは大切なことだと思います。

 

レジェンド・カンナバーロから学ぶCBに必要な能力 

www.theworldmagazine.jp

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

とはいえ、たしかに体格面でのサイズが大きいとCBやGKでは有利ですね(^^;

 

ハイボールの処理は、他のポジションより多くの場面に遭遇します。

 

そんな身長が高いと有利だといわれるポジションでも、逆に身長が低くても世界No.1と呼ばれたCBがいました。

 

元イタリア代表のファビオ・カンナバーロです。

 

カンナバーロは身長が176cmと、CBとしては身長が低い部類です。

 

それでも彼が世界のトップとして活躍できたのはなぜか?

 

それは彼自身が、あるインタビューで答えたものに正解があると思いました。

 

ジャンプ力は背の高さより重要だ

f:id:nishi30:20200405142106j:plain

表題の通り、カンナバーロがあるインタビューで答えた返答です。

 

この返答の意味はそのままでもあるけど、それ以外の意味も込められていると思います。

 

というのも、人より高くジャンプする場合、瞬発力をつけなければいけません。

 

瞬発力がつくと、一歩目の出足も速くなるし、足も速くなります。

 

カンナバーロの現役時代の特徴はまさしくそうでした。

 

一対一のルーズボールの競争でも負けないスピードと、相手のボール回しから一瞬でボールを奪うパスカット能力とそれを見極める洞察力が持ち味でした。

 

まずはCBとしての一番の役割はボールを奪い、マイボールにすること。

 

これが第一の目的であるから、まずはその能力を極めて欲しいという、僕の個人的な考えではあります。

 

たしかに現代サッカーでは、ビルドアップへの参加は必須項目ではありますが、まずは基本的なことを覚えてもらいたいと思う。

 

特に小学生など育成年代で、サッカーを始めたばかりの人達には、その基本をまずは習得して欲しいと思います。

 

それができないと、何事も中途半端に終わってしまうと僕は懸念しています。

 

いつの時代でも基本は変わらない

f:id:nishi30:20200405145332j:plain

長いサッカーの歴史において、戦術の流行り廃りは常にあります。

 

FWが4人いる時代や、攻撃5人・守備5人と均等に分かれていた時代もありました。

 

しかし、そのような時代の中でも、”基本”は変わりません。

 

手を使わずに足や頭でボールをコントロールすること、先週ブログでお送りしたカウンターアタックもいまだに使われています。

 

それが基本であるからです。

 

今回の場合だと、CBなどに要求されている能力の基本は、ボールを奪うことです。

 

あまりに流行である足技ばかりに目を向けすぎると、一番大事なことを見逃してしまい、大きな失敗の原因になってしまいます。

 

基本的な部分も忘れずに、しっかり磨いて欲しいと僕は思います。

 

それでは今日はこのへんで。

 

ご拝読ありがとうございました。

 

⇓参加しています。ポチっとしてくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

この記事よかった!っと思いましたら、スターやブックマークつけていただけると喜びます^^