北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

フットサル特有の戦術を練習中です。会得まで難しいけど頑張ります

こんにちは! Nishi です。

 

先日、所属しているフットサルのクラブチームのリーグ戦がありました。

 

結果は・・・

 

負けてしまいました。

 

悔しいーーー(>_<)

 

観ていると早く試合に出たいと焦りが出ますね^^;

 

でもまぁゆっくり治すとしますね。

 

やっぱり道南リーグというひとつ上のカテゴリーになると、みんな上手い上手い!

 

テクニックとか動き、戦術面とかめちゃくちゃ勉強になります。

f:id:nishi30:20190909143255p:plain

僕の所属しているチームも創立してもうすぐ二年。

 

まだまだ若いチームですので、これからどんどん成長していきたいです。

 

11人でプレイするサッカーと、5人でプレイするフットサルでは技術も戦術も違いが結構あります。

 

フットサルならではの動き方やテクニック、戦術が多々あります。

 

今回は今練習している”イプシロン”という守備戦術を少し紹介します。

f:id:nishi30:20190909150021j:plain

前方に二人配置し、真ん中に一人、その後方にさらに一人配置します。

アルファベットの”Y”のような形になります。(その為、Y字プレスともいいます)

 

なぜ、イプシロンというかはわかりません^^;

 

逆から見るとロケットのように見えるから、イプシロンロケットを例えて言っているのかも・・・しれません。

 

話を戻すと、イプシロン戦術は点を取る為の積極的な守備戦術です。

 

バスケならフルコート・ゾーンプレスのような戦術でしょうか。

f:id:nishi30:20190909155211j:plain

 

相手GK(ゴレイロ)が近くの選手にボールを入れたらすぐに前の選手はプレスをかけます。

 

f:id:nishi30:20190909155357j:plain

 

この時、前列の2選手は外&縦にボールを出させないようにプレスをかけます。


出すところに困った相手選手は横の選手にパス・・・

f:id:nishi30:20190909155651j:plain

 

したところを味方2番の選手がパスカットを狙います。

 

ボールが取れなくても、先ほどと同じように外&縦に出させないようにプレスをかけます。

 

f:id:nishi30:20190909160038j:plain

 

中にパスを出させるようにして、4番がパスカットを狙います。

 

基本はこの形です。

 

相手チームが後ろ三人にしてもプレスのかけ方はいっしょです。

 

f:id:nishi30:20190909165931j:plain

 

ボールホルダーの外&縦を完全に切って、ひとりがプレスをかける。

 

f:id:nishi30:20190909201748j:plain

中にパスを出させるようにプレスをかけて、4番がパスカットを狙います。

 

ここで鍵になるのは

 

・前列二人の体力、休まずにプレスをかけ続ける。

・真ん中二列目のカバー能力。

 

特に前列二人には、プレスをかけつづける体力が必要です。

 

コースを切るのが甘いと、簡単に裏をかかれピンチになってしまいます。

 

そこで二列目中央の選手がしっかり声をかけてプレスを補助してあげることも大事です。

 

先日、道リーグで活躍されている人が練習に参加してくれました。

 

その時さらにアドバイスを受けたのが、プレスをかいくぐるため、一気に裏を抜けられてもカバーできるように、GK(ゴレイロ)も3列目のカバーできるように位置取りしてた方が良いとアドバイスがありました。

 

普通のサッカーと違いフットサルは人数も少ないので、よりひとりひとりチーム戦術に参加しないとチーム戦術が機能しなくなります。

 

ひとりひとりやるべきことをやって、チームの良い結果を得る為に努力していかなければいけないと思う今日この頃。

 

 

ご拝読ありがとうございました。