Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】2021年Jリーグ GKのこのプレイにピックアップ!#5

こんにちは! Nishi です。

 

今日は恒例の、週末に行われたJリーグの試合から、GK出身の僕が気なったプレイを紹介する企画第5弾です^^

 

今節は仙台vsG大阪の試合が中止になったので、9試合行われました。

 

主に、GKのワンシーンに対して良かった・悪かったと個人的な視点で分析しているので、その前後にあった他のディフェンスのミスは考慮しておりません。

 

あくまでも、GKの技術で防げたであろうプレイに焦点を当てていますので、予めご了承下さい。  

 

セカンドシュートにも冷静な対応

youtu.be

まずは名古屋vs横浜FCの試合から、横浜FC・GK六反選手のプレイです。

 

右サイドからのシュートを身体で受け止め、そのこぼれ球を詰められますが、身体を素早く起こしてこのセカンドシュートもセーブしました。

 

一連の流れとしては、悪くないセービングでしたね。

 

一本目は、オーソドックスな鋭い速いシュートをきちんと前に詰めてセーブし、セカンドシュートは一本目と真逆の弾道のループシュートでしたが、冷静に落下点を見極めてセーブできました。

 

同じ球質や弾道のシュートは、GKも身体が乗っていると、意外と楽に反応できたりします。

 

ところが、同じ勢いに慣れていると、身体と心が前のめりになってしまい、ふいにループ気味の緩いシュートを来られると反応が遅れることがあります。

 

そうならずに、1本1本冷静かつ的確な判断をしたこのセーブは良かったと思います。

 

特に、いわゆる反射神経型と呼ばれる、直感に頼りがちな選手がハマりやすい傾向なので、注意して欲しいですね(^^; 

 

セービングの基本

youtu.be

次は広島vs清水の試合からは、清水GK権田選手のプレイです。

 

右サイドから、グラウンダーのクロスからゴール前でヒールで軌道を変えたシュートに反応よくセーブしました。

 

誰が見ても難しいシュートをよく止めましたね^^

 

そして、基本通りのいいセーブでした。

 

下から上に上げるように、そして後ろから前に腕を振ってボールの勢いに負けないようにもケアしています。

 

こうすることで、腕の推進力がシュートの勢いより強くなり、たとえこぼれてもゴール前付近でボールが停滞することはなくなります。

 

また、サイドから揺さぶられても、その後の展開を予測して、GKとして最低限の仕事ができる位置にいましたね。

 

反応の鋭さももちろん良かったですが、そのセーブの前提になったのは、このポジショニングですね。

 

Jリーグに戻って来てから良いパフォーマンスを維持しているので、この調子が続けば日本代表の正GK候補筆頭になれると思います^^

  

今節のナイスセーブ

youtu.be

今節のナイスセーブは、福岡GK村上選手のセーブを選びました。

 

ロングレンジの鋭いシュートに対する反応より、事前にボールの位置を確認していたのが高評価のポイントです^^

 

シュートを打たれる前に、しっかりボールの位置とポジショニングの確認とシュートに対する準備ができていましたね。

 

シュートを打たれた時は、味方選手がブラインドになって見えにくかったかなと思うけど、前述の通り事前にボールの状況など把握していたおかげで咄嗟の反応ができました。

 

一見、反射神経の鋭さが良かったと思われがちですが、いわゆる反射神経というものは、こういう事前情報の収集力だと僕は思います。(そもそも医学的には反射神経というものはないらしいです)

 

情報を正しく仕入れるには、情報を的確に処理できる”見る力”が必要です。

 

僕も体格的なハンデを乗り越える為に、重点的に強化していた部分なので、今GKを志している選手の皆さんは、見る力も鍛えておくことを推奨します。

 

物凄く前に、目のトレーニングのやり方をブログで書いた事があります。

 

需要があれば、今度リライトして再アップしようかなって思います^^ 

www.mariaazzura-nishi.com

   

おわりに

f:id:nishi30:20210318191126j:plain

先日、日本代表のメンバー発表がありましたね。

 

ワールドカップの予選も再開します。

 

まぁ最終予選に向けていろいろ試す時間もないので、有意義に使って欲しいですね。 

 

100%のメンバーが組めないのももどかしいですが、今のこのご時世仕方がないことですので、選んだメンバーで存分に戦って欲しいです。 

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村