Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】2020年Jリーグ GKのこのプレイにピックアップ!【第24弾】

こんにちは! Nishi です。

 

今日は、GKのプレイに焦点を当てた企画の第24弾です。

 

主に、GKのワンシーンに対して良かった・悪かったと個人的な視点で分析しているので、その前後にあった他のディフェンスのミスは考慮しておりません。

 

あくまでも、GKの技術で防げたであろうプレイに焦点を当てていますので、予めご了承下さい。 

 

シュートに対する正しい構え方

youtu.be

鳥栖vs鹿島の試合から鹿島GK沖選手のプレイです。

 

鳥栖のチアゴ・アウベス選手の上手い突破から抜け出し、一対一の状況を作られましたが、正しいGKフォームでシュートを待ち構え、鋭い反応でシュートを止めました。

 

このブログで再三言っている、シュートに対する正しい構え方が功を奏しましたね。

 

足は肩幅より広げていますが、沖選手の膝が内側に力が向いているのがわかると思います。

 

そのため、股下など足元のシュートにも素早く足を出して反応出来ました。

 

足を広げた時に、相撲でいう”股割り”の体勢に素早くなっていることも気づくと思います。

 

膝を内側に入れる利点のひとつとして、足元のシュートコースを塞ぐのに身体全体を落とす時に足を伸ばしやすいことも利点に上げられます。

 

しつこく言っていますが、ガニ股厳禁な理由は、こういうところにも反映されていますので、ガニ股は絶対にやめましょう^^

  

激励も込めて喝!

youtu.be

FC東京vs清水の試合から清水GK梅田選手のプレイです。

 

動画のシーンで、はじめのクロスの飛び出しはよい判断でした。

 

パンチングが甘かったのと、セカンドボールのクロスボールをしっかりキャッチできなかったのは痛かったですね(^^;

 

結果、そのあとのルーズボールを拾われて失点に繋がりました。

 

はじめが良くても、終わりが悪かったら意味がありません。

 

特にGKは…(^^;

 

確実に相手の攻撃を止めて、”リセット”しなければいけません。

 

GKの最低限の仕事ですので、この部分はしっかりしてもらいたいです。

 

ただ、その後の一対一のセーブやミドルでの逆手のセーブなど梅田選手には伸びしろを感じます。

 

ですから、こういう細かくも一番基本的な部分を疎かにならないようにして欲しいです。

 

カットインは要注意! 

youtu.be

柏vs浦和の試合から柏・江坂選手の得点シーンです。

 

GKを志している人に注意して欲しいと思いこの場面に注目しました。

 

カットインされてサイドから中央あるいはゴール前に侵入されると、どうしてもGKはポジション修正する上で、ニアから中央へポジションだけではなく身体の重心も移動します。

 

その過程の最中に、ニアサイドへ強襲のシュートを打たれると反応が遅れてしまいます。

 

こういう場面では、上手く力を抜いてポジション移動しておくと効果的です。

 

力が入り過ぎると、重心が移動方向にかかり過ぎて反応が遅れます。

 

タイミングを計るプレジャンプも、大きく取り過ぎるのも危険ですので注意が必要です(^^;

 

逆に言えば、GKのこの性質を逆手にとれば得点チャンスが広がります。

  

少年団の子供達にも、こういうGKのクセなども教えていました。

 

コースを狙えとかしっかりミートしろだけでなく、ディフェンスの動きも考えたシュートコースも得点力アップに繋がると個人的には思います^^

 

今節のベストセーブ

youtu.be

今節は、ナイスセーブもバッドプレイも多くてどちらも厳選する上で悩みました(^^;

 

ナイスセーブ部門は、川崎GKチョン選手のコーナーキックの混戦の中でのこのセーブを選びました^^

 

混戦だと、ボールの軌道や選手のポジションなどいろいろ考える要素が多くて、熟練のGKといえども冷静な判断をするのが難しくなります。

 

加えて、人が密集しているところに身体を投げ出す勇気も思っている以上に必要です(^^;

 

そんな混戦の状況でも、冷静にボールの軌道を確認しながら確実にクリアできたのは高評価でした。

 

次点の横浜FMの梶川選手も同じようなケースでしたね。

 

こちらも動画を貼っておきます↓

youtu.be

 

おわりに

f:id:nishi30:20201015163543j:plain

サッカーのニュース記事を毎日目を通していると、日本サッカーの問題点として度々取り上げられるGKの問題で、よく取り上げられるのが近年Jリーグでは外国人GKが増えたことが上げられています。

 

そして、体格が外国勢の方が大きいからだという論調で始まり、中でも偏ったスポーツメディアは、アジアでも体格が優れている韓国人GKのレベルはスゴイと言う論調が度々あります(^^;

 

けど、現実決してそうではないし、正直日本と全く変わらないレベルです。

 

どちらの国も上手いGKがいれば下手なGKがいる。

 

卑下に日本人GKということを殊更下げて、韓国人GKは持ち上げる必要はありません。

 

国内の体格至上主義信者達の愚見に引っ張られているだけに感じます。

 

大迫選手はじめ、沖選手、谷選手、小畑選手ら若手の躍進は、これらGKに対する誤解へのアンチテーゼになりそうなので余計に期待しています^^

 

僕のように言葉でグダグダ言うより、実力を見せつけることこそが一番理解を広めれますしねw

 

今後も日本人GKの活躍とレベルアップを期待しています! 

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村