Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】2021年Jリーグ GKのこのプレイにピックアップ!#20

こんにちは! Nishi です。

 

今日は水曜日に行われたJリーグの試合から、僕が気になったGKのプレイを紹介する企画第20です^^ 

 

主に、GKのワンシーンに対して良かった・悪かったと個人的な視点で分析しているので、その前後にあった他のディフェンスのミスは考慮しておりません。

 

あくまでも、GKの技術で防げたであろうプレイに焦点を当てていますので、予めご了承下さい。

 

やっぱり気になるあの癖

youtu.be

まずは柏vs浦和の試合から柏GK佐々木選手のプレイを取り上げました。

 

前節でJデビューした若手GKですが、ちょっとプレイひとつひとつがバタバタし過ぎるのを懸念しています。

 

要はバタバタし過ぎて無駄が多いと感じます。

 

もう少し落ち着いて、どっしりとシュートに備えた方がよくなると思う。

 

このシュートも、相手選手のシュートコースも良かったけど、シュートスピードもそこまで速くないし距離は長いので、GKとしてはまだ”余裕”がありました。

 

ここは冷静に素早く的確なポジションについていれば、逆手を使ったセービングができる時間はありました。

 

現に、横っ飛びしていますが、高さもなくただ横に身体を倒して手を伸ばしただけになっています。

 

たられば論になってしまいますが、もったいないと感じました。

 

バタついていると相手に無用な付け入るスキを与えることになります。

 

「あぁ、余裕ないんだなぁ、そしたらガンガン攻めたろう」っていう具合にですね(^^;

 

年齢関係なく、GKは堂々としてくれた方がチームとして落ち着きが保てるし、プラスになると僕は思う。

 

まぁあんまり堂々とし過ぎてでかい顔もよくないけどね(^^;

 

そこは上手く使い分けて欲しいかなw

   

今節のナイスセーブ

youtu.be

今節のナイスセーブは、神戸の前川のセーブもよかったけど、同じ状況だけど鳥栖のパク選手を選びました。

 

1vs1の間合いの取り方が完璧でしたね。

 

シュートに合わせて一歩前に出てコースを狭めたのも見事でした。

 

オナイウ選手も後ろと左からディフェンスが迫っているのし、体勢からもここでシュートを打つと完全に見切った上で前に出ていますね。

 

タイミング的にもベストなタイミングだし、1vs1のシュートの止め方のお手本になるようなセーブです。

 

GKを志している人には、是非参考にしてもらいたいセーブですね^^

  

おわりに

f:id:nishi30:20210622190840j:plain

今回はいつもより少なめです…

 

今節は全体的に目立ったシーンが少なかったなぁって思います。

 

ハイライト見ていると、全体的に選手の動きが鈍くなってきてるなっと感じました。

 

特に大分vs鹿島は顕著に出ていましたね…

 

夏場になってきたこともあるし、代表戦明けや過密日程の影響が出てきているのかもしれないですね(^^;

 

オリンピック前に、大きなケガなどないようにして欲しいですね(^^;

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村