Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】今年限りの特別ルールが追い風に?Jリーグで若手日本人GKが続々デビュー

こんにちは! Nishi です。

 

Jリーグが再開されてから、およそ1ヶ月ほど経ちました。

 

初めは無観客での試合での運用や、交代枠の拡大など特別ルールでの試合運用もあり再開当初は不安もありましたが、大きな問題もなく開催できていると思います。

 

来月から観客を増やすなど模索してますが、安全面をしっかり考慮した上でJリーグ側もしっかり運用して欲しいと思います。

 

さて、試合も過密日程で選手への負担が懸念されますが、その中でも明るい話題は何個かありました。

 

その明るい話題のひとつとして、若い世代のGKの活躍が挙げられると思います。

 

若手GK起用の背景

f:id:nishi30:20200724143150j:plain

今季は特別ルールとして、交代枠が5人まで、下位順位の降格なしというルールが設けられました。

 

この特別ルールを上手く利用して、若手GKを起用しているクラブが増えてきました。

 

昨年度からレギュラーとして活躍していた若手GKといえば、広島の大迫選手や京都の若原選手くらいしかいなかったと思います。

 

今年になってから、仙台の小畑選手や清水の梅田選手、先日も第6節で、湘南の谷選手がデビューし見事完封勝利に貢献しました。

 

このように、再開後は若手GKの活躍が目立ちます。

 

しかもそのクラブは、良い結果をもたらしているケースが多く感じます。

 

当ブログでも日本サッカー界の問題点として、レギュラーを勝ち取るくらいの若いGKがなかなか出てきていないことを懸念していました。

 

しかし、今年は再開後1ヶ月足らずで多くの10代・20代前半のGKが出場し一定の活躍をしています。

 

この背景には、やはり今季限りの特別ルールがあると思います。

 

特に降格がないということで、各クラブ思い切って選手の起用が出来たと思います。

 

どうしても降格があると、残留が目標のクラブは結果を求めがちになるので、経験の浅い若手の起用に二の足を踏みがちになります。

 

特に失敗が許されないGKとなると、その傾向は強くなります。

 

これを繰り返していくと、いつまでもたっても日本に優れたGKが育たないと僕は警鐘を鳴らしていました。

 

何クラブか、若手中心のチーム作りを理念とするクラブがあって欲しいと思っていました。

 

しかし、今年はコロナで受けたダメージは大きいですが、降格なしルールを上手く使って結果的に思い切った起用ができたのは、若手GKには出場機会が巡ってきた絶好のチャンスになりました。

  

このチャンスをものにして、より成長をして欲しいですね^^

 

国内にあるGK論調の誤り

f:id:nishi30:20200724143359j:plain

若手のGKがなかなか育たない背景には、外国人枠の問題もありました。

 

ここ最近の国内のサッカー記事を見ていると、外国人GKが増えたという記事がよく目につきました。

 

その理由は、外国人枠が5人までに増えたこともあり、体格が大きい外国人GKを獲得しやすくなったという見解が多くありました。

 

特に、韓国籍の選手は日本選手よりも体格が大きく、しかも他の外国語圏の選手よりもコミュニケーションを取りやすいということで起用されてきました。

 

しかし僕は、この体格が大きいからとかいう身体のサイズでGKの実力を見るのは間違いだと思っています。

 

その悪しき風潮も、日本人GKの起用を(特に若手)鈍らせているとも懸念していました。

 

何度も提言しているが、身長はある程度必要だと思うけど、それよりボールを止めにいくスピードだったり判断力の方がより重要です。

 

身長が高くても、ハイボールを取りに行く判断力や技術が低かったら意味がありません。

 

ここ最近の風潮は身体のサイズを気にし過ぎているように思えていました。

 

世界基準は190cmといわれていますが、今季再開後抜擢されている若いGKを見ても185cm前後でも十分やっていけています。

 

技術的にも他の外国籍選手に見劣りしている部分はないので、身長の高い低いだけの基準はやめた方がいいと思う。

 

その風潮が世に蔓延ると、育成世代に誤った認識を植え付けかねない。

 

伝えるメディアも殊更身長を強調するようなことはあまり書かないで欲しいと思う。

 

もっとGKの技術的な部分にフォーカスして、良い悪いの判断をして欲しいと思います。

 

おわりに

f:id:nishi30:20200724143510j:plain

今季は過密日程の影響も考慮して、GKも何試合か併用して使うことが多くなったと思います。

 

また、冒頭でも述べたように降格がないということで、例年よりリスクをかけずにクラブや監督側も思い切った選手の起用もできます。

 

たまたまこの18~20歳代に逸材が集まっただけかもしれませんが、今季に限らず若いGKの起用を積極的に行って欲しいと思います。

 

また育成年代へのGK育成を、サッカー協会ももっと後押しして欲しいです。

 

それには身長が大きいやつとか、テクニックがないやつとか誤った考えがまだ広がっているので、正しい認識を広く伝えていって欲しいです。

 

間違った認識を払拭するためにも、身長に関係なく技術に優れた日本人GKがたくさん出てきて固定概念を吹き飛ばして欲しいですね^^

 

日本サッカーのGK事情にも、明るい話題が広がっていって欲しいです^^

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

⇓参加しています。ポチっとしてくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

この記事よかった!っと思いましたら、スターかブックマークを押してくれると喜びます^^