北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【フットサル・ゴレイロ】ゴレイロのスローの技術について

こんにちは! Nishi です。

 

ミックスフットサルの練習に参加して来ました。

 

今までサッカーをやってきた人もいれば、他の競技をやっていた人や女性やたまに小学生、中学生も来ます。

 

まさしくミックスなんです^^

 

いろんな人がいるので、サッカー経験者はパスをする際にその人のレベルに合わせたパススピードで出したりします。

 

まぁ楽しくやりたいんで、パスとかはその人に合わせて強弱つける方がいいと思いますね^^;

f:id:nishi30:20191024165457p:plain

実際はガチンコでやる場合は、逆に、状況に合わせたパスを出すので受け手に意志を伝える為に速いパスを出して状況を知らせたりします^^;

 

さて僕のポジションではどうかというと、スローのスピードを含めた質で受け手に意志は伝えますが、どんな状況でも受けやすいボールを投げてあげます。

 

簡単にいうと、トラップしやすいボールを投げます。

 

足元でボールを納めたい時は、バウンドしないように注意しています。

 

これは外サッカーでも同じですね^^

 

距離がある時は、ツーバウンドくらいで転がるようにボールに回転をかけて投げます。

 

練習すると、ワンバウンド目をどこに落とすかで調整できます。

 

カウンターや速攻のときは、ライナーで投げる時もあります。

 

この時はサイドスローも使います。

 

野球と同じで、上投げだとスピードと距離は出せますがモーションが大きいので若干リリースが遅くなります。

 

サイドスローだと上投げほどのスピードや距離は出せないが、モーションが早いので速攻に向いています。

 

状況によって投げ方も変えることも意識した方がいいと思います。

 

僕はさらにボールにジャイロ回転をかけて投げます。

 

ジャイロ回転をかけると、受け手が足を当てるだけで吸い付くようなトラップが容易にできます。

 

ホント?っと思った方は僕といっしょにフットサルやって実感しましょうw

写真のように、ちょっと手の甲を立てて手首を少し内に入れて投げると自然にスナップが効いてジャイロ回転になります。

 

ボールの回転の他に、スローしたボールを敵に奪われないように相手がギリギリ届かない場所や高さに投げます。

 

これは社会人フットサルの地域大会くらいだと、このコントロールができるとかなり有利になります。

 

結構サッカー経験者ほど、ボールの軌道を見誤って、ジャンプしたけど届かないとかよくあります。

 

僕は自身の腕の柔軟性を活かして、身体の向きと逆方向に強いボールも投げたりします。

まぁ、最初に口裏合わせてないと味方も騙してしまいますけどね・・・^^;

 

このブログで、ゴレイロ&GKの僕の考えを口酸っぱく言っていることが、フィールドの選手が安心して点を取ることに集中できる環境を作るのがゴレイロの仕事だと。

 

点を取る環境を演出する際は、受け手が受けやすいボールを提供してあげる技術も身につけておくべきだと思う。

 

ゴレイロは結構考えること多いんですよ^^;

 

だからこそやりがいもあるポジションなんだといつも思います。

 

ゴレイロが少しでも上手くなればチームはそれだけ強くなります。

 

これからも日々精進していきたいと思います^^ 

 

ご拝読ありがとうございました。

 

⇓参加しています。ポチっとしてくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村