Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】煽り記事やフェイクニュースにはご用心!最近日本サッカー界を騒がしたあの話題

こんにちは! Nishi です。

 

今月初めに代表戦があり、先週末に久しぶりにJリーグも再開しました。

 

終盤戦になって優勝争いをはじめ、アジアチャンピオンズリーグ出場権争い、そして残留争いと各クラブ気の抜けない状況があり、これからの展開がおもしろくなってきました。

 

こうした激しい戦いの中、最後までクラブの背中を押してくれるのが各クラブのサポーターの皆さんの存在ですね。

 

Jリーグの理念でもある、企業主導ではない地域密着型の理念の元、それぞれの都市・地域に根付いたファンが増えており支えられています。

 

そんな地域密着型の理念に関して、最近驚きのニュースが話題になりました。

 

突然のホームタウン制度廃止の一報!その真実は…

football-tribe.com

昨シーズンに現役引退した元日本代表の中村憲剛さんが、Twitter上でホームタウン制度継続に安堵したということですが、初見だとこれは何の事?と不思議に思うと思います。

 

これには、前日にあるニュースが、サッカー関係者の腰を抜かすような情報が飛び交いました。

 

そのニュースとはこちらです↓

news.yahoo.co.jp

こちら、スポニチの記事ですが、なんと!地域密着理念の基本であるホームタウン制度を撤廃するというものでした。

 

Jリーグが発足する前の日本のスポーツ界というのは、企業が各競技の部活を持ち、企業の経営状況によって部が潤ったりまたは廃部になったりと企業が主導になって運営されてきました。

 

今はだいぶ変わってきたけど、プロ野球が典型的な構造ですね。

 

その名残でラグビーやバレーボール、駅伝なんかもありますね。

 

その日本の常識だったスポーツ界の体系を変えたのが、Jリーグの地域密着の理念でした。

 

簡単に言えば、ひとつの地域に根付いたクラブがおらの街の代表として地元クラブのサポーターになり、そのクラブに地元企業もお金を落としクラブが中心になって町興しのブランドとすることで地域を活性化させるというものです。

 

その成功例としては、鹿島アントラーズがその先鋒でしょう。

 

この理念が徐々に共感され、今では全国ほとんどの都道府県にクラブチームがある状況になりました。

 

そして、この理念を参考にバスケットボールやラグビーもプロリーグを発足しました。

 

それだけこの地域密着型のスポーツ文化体系が、日本全国に支持されてきたのに、前述の記事を読んで、「その理念を崩すのか!」っと憤りを覚えましたが…

 

どうやらスポニチさんのミスリードだったようです。。。(-_-;)

 

最近、日本代表の監督人事のことなど、サッカー協会不信が積もりに積もっていたので、こういう話はあるかも!っと勝手に思い込んでしまったので、つい過剰反応してしまいました。。。

 

どうやら、理事会でもそういう話は一切なく、撤廃・変更の意志はないということです。

 

中村憲剛さんと同じく安心しました(^^;

 

フェイクニュースにはご用心!

f:id:nishi30:20211019165630j:plain

しかし注目を浴びる為に、わざとなのか故意なのかわかりませんが、こういう事実ではない煽り記事はやめて欲しいね。

 

間違えたら間違えたで、すぐ謝ればいんだけど、ないということはわざとなのかな?って勘くぐってしまいます(-_-;)

 

まぁ既存メディアのいう事は、すぐに鵜呑みにするなっという教訓ですね(^^;

 

反省します。。。

 

ともかく、僕の不安は杞憂に終わったことはよかったと思います。

 

そしてJリーグ上層部からも、この先も方針を変えることはないという強いメッセージも引き出しましたからね。

 

でもマジメな話、この理念をサッカーという枠組みを超えて各競技とも連携共有してもいいのではと思いますけどね。

 

アルビレックス新潟のように、サッカー部門とバスケットボール部門などと設けているように、ひとつのスポーツクラブとして運営するクラブがもっと増えてもいいと思う。

 

ひとつの都市では難しいのであれば、周辺の中小都市と力合わせて取り組むのもいいと思うし、その行動が地域活性化にきっと繋がると思いますしね。

 

直接的な経済効果の他にも、育成部門の運営もするので子供たちの発育の場の中心地としても機能しますね。

 

こういう取り組みは、健全な社会構造を生み出す基礎になるので、理念は曲げずに突き進んで欲しいと切実に思います。

 

おわりに

f:id:nishi30:20211019185356j:plain

ホント、今回の誤報(煽動?)には驚かされました(^^;

 

フェイクニュースには気をつけないといけないですね。。。

 

最近のニュースだと、また国の借金が~とか言い出しましたしね。

 

あれだって、簿記3級程度の知識があれば嘘だってすぐバレるのに、またやるのかぁって呆れてしまいますね(負債に対して資産があります。日本の資産は?また、そのいわゆる借金の返す先は誰?て話)

 

自分は絶対騙されない!っと自信を持っている方でも、自身の体調やその時の状況によっては、ついつい引っかかったりしますから注意が必要です。

 

よく真相をつきとめ、自分の眼、自分の頭でものごとを判断するクセを身につけましょう!

 

今回の僕のようなことにならないようにね(笑)(^^;

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました

 

↓今回のテーマである、地域に密着したスポーツ文化発展を応援する活動をしているブロガーさんです!現地まで足を運び、いろんな競技のスタジアムを巡り歩いている行動派です^^

sportskansen.hatenablog.jp

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村