Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】2021年Jリーグ GKのこのプレイにピックアップ!#26

こんにちは! Nishi です。

 

今日は、週末に行われたJリーグの試合から、僕が気になったGKのプレイを紹介する企画第26です!

 

主に、GKのワンシーンに対して良かった・悪かったと個人的な視点で分析しているので、その前後にあった他のディフェンスのミスは考慮しておりません。

 

あくまでも、GKの技術で防げたであろうプレイに焦点を当てていますので、予めご了承下さい。

 

サッカーを見る時に、GKの見方として是非参考にしてみて下さい!^^

  

”本能型”の性!?

youtu.be

まずは、C大阪vs横浜FCの試合から横浜FC・GKブローダーセンのプレイです。

 

C大阪の見事な速攻からゴールを上げたシーンですね。

 

GKとしてはチャンスの少ない場面ですが、いくら速攻を受けていたとはいえ、シュートに対してヤマを張って早く動きすぎですね。

 

また、ヤマを張るにしても、ニア側より中央に二人相手選手がいるので、シュートにしてもファー側の方のケアを重視して欲しかった。

 

それに、ニア側にディフェンスが寄っていたので、ニアを狙いにいくという可能性は低いですね。

 

この場面は、確率が高い方を考えた方を選んで欲しかったです。

 

これは”本能型”が陥りやすい典型的な失点パターンで、ちょっと熱くなり過ぎて周りが見えていなかった感じが残念でした。

 

得点力を上げるために

youtu.be

続いては、GKというよりフィールド選手向けの場面ですね。

 

湘南vs清水の試合から清水の鈴木選手の鮮やかなゴールシーンですね。

 

ブログでGKの泣き所を紹介して時に、たびたび紹介していたことですが、このゴールシーンははちょうどいい教材ですね^^

 

この失点シーンはGKが、手が出すのがどうしても遅れる頭の横のスペースをしっかり突いています。

 

ちょうど頭の横付近のスペースは、人間の身体上、腕が肩から下に向いている以上、上へ上げるのに時間がかかってしまいます。

 

では、上に最初から上げとけばいいのでは?っと思うかもしれませんが、サッカーの場合、基本ボールは地面の上にあるボールを蹴る競技です。

 

例えばバスケやバレーなら、地面より上にあって上を狙ったりあるいは上から下を狙う前提なら、上からボールがくる可能性が高いので腕を上げて構えるのが基本になります。

 

その為、サッカーのシュートの場合は、確率的にも腕を下げて構えるのが基本になります。

 

同じ試合でこのシーンが象徴的ですね。

youtu.be

下側からボールが来るので、手も下に下げて対応して、きちんとボールに触れることもできていますね。

 

これが手を上に上げていればまず触れていないですね(^^;

 

まぁ、シュート前までに前に詰めて身体に当てたり、小技が多い選手というデータが取れていれば、腕を上げての対応も考えられるし、シュート前のモーションの違いを敏感にくみ取ることで対処もできます。

 

しかし、今回のこの鈴木選手のシュートは一枚上手でしたね。

 

スピードを殺さずに、走るモーションのままふわっとしたシュートを決めたんですから、どんな一流なGKでも流石に予測はできないですね…

 

これは鈴木選手を褒めるべきでしょう。

 

また強いシュートではなく、ふわっとさせてタイミングをずらしたのもいいですね。

 

強いシュートや角を狙ったコントロールシュートもいいですが、GKの反応が遅れるところやタイミングをずらすことも覚えておくだけで、得点力は上がると僕は思っています^^ 

 

今節のナイスセーブ

youtu.be

今節のナイスセーブは、浦和の西川選手を選びました。

 

次点は権田、菅野、村上かな^^

 

このセーブは、なんと言ってもポジションニングが抜群に良かったのが要因ですね。

 

少し押されている状況なので、ディフェンスラインも下がり、気持ち的にもポジションも後ろになりがちです。

 

その心理的特性を殺しながら的確なポジションにいたのは高評価です。

 

仮にラインに飲まれ、この場面より後ろのポジションにいたら、このボールに届かなかったと思う。

 

逆に前過ぎると、今度はシュートに反応できなかったですね。

 

実況も思わず、ドンピシャのシュートにドンピシャのセーブと表現したのも的確なポジショニングがあってこそだと思います。

 

実況・解説者からも「今のはポジショニングが素晴らしかった!」っとひと言当たり前のように語られるようになれば、GK側からすると嬉しいですね^^

 

おわりに

f:id:nishi30:20210823164604j:plain

今節一番印象に残ったのは、実はGKのプレイではなく、横浜FMの三点目でしたw

 

旧来からのハイプレス好きとしては、こんなキレイに嵌めてゴールというのがたまらなく好きですね

【横浜F・マリノス×ベガルタ仙台|ハイライト】明治安田生命J1リーグ 第25節 | 2021シーズン|Jリーグ - YouTube

まるでスラムダンクの山王工業のフルコートゾーンプレスのようでした…

 

わかる人にはわかるかなw(^^;

 

まぁ守備側視点で見ると、こういう嵌まり方は注意しないといけないですね。 

 

ゴールまで行く過程も注目していくと、またサッカーの面白みが理解できると思うので、こういうシーンも是非注目してみて下さい!

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村