Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】2021年Jリーグ GKのこのプレイにピックアップ!#15

こんにちは! Nishi です。

 

今日は週末に行われたJリーグの試合から、僕が気になったGKのプレイを紹介する企画第15弾です^^ 

  

主に、GKのワンシーンに対して良かった・悪かったと個人的な視点で分析しているので、その前後にあった他のディフェンスのミスは考慮しておりません。

 

あくまでも、GKの技術で防げたであろうプレイに焦点を当てていますので、予めご了承下さい。 

 

アーリークロスの有効性

youtu.be

清水vs名古屋の試合から、GKのプレイではないけど、名古屋のマテウス選手のゴールに注目しました。 

 

右サイドからゴールに向かっていく低い弾道のクロスが、そのままゴールに吸い込まれた場面です。(シュートにも見えます)

 

GKからすると、中央に飛び込んでくる選手が合わせてくるかもしれないので、とてもいやらしいボールです(^^;

 

最近のJリーグでもよく見かけるようになったアーリークロスは、ゴールに結びつけやすい技術なので育成年代、アマチュア問わずしっかり練習することを推奨します。

 

社会人クラブ在籍時、味方に草サッカーとは思えないほどアーリークロスが上手い人がいました。

 

地方の地域レベルだと、まずアーリークロスを上手く使える選手が少ないので、守る方も対処に苦慮します。

 

深い位置やマイナスのクロスに比べると、アーリークロスはタイミングが悪ければ味方には繋がらないし、長すぎるとGKに簡単にとられてしまう難しい技術です。

 

しかし、練習を重ねてディフェンスラインとGKとの間にいつでも通せる技術を身につければそれだけ武器になります。

 

またシュート性が高いボールだと、今回のゴールのような場面の可能性も広がります。

 

決定力が不足していると言われているのなら、正確にコースに蹴れる技術や勝負強さも大切だと思いますが、ゴール付近で”事故”になる可能性のある”アクション”も増やす方法も加えておく必要があると僕は思います^^ 

 

判断が遅い

youtu.be

続いては、神戸vsC大阪の試合から神戸GK前川選手のプレイにスポットを当てました。

 

C大阪のナイスクロスに対するナイスゴールに見えるけど、僕はこのゴールは回避できたゴールだと思う。

 

クロスボールが来る前に、左サイドの攻防に時間的な余裕がありました。

 

その時に、エリア内の選手のポジションにもっと気を配って欲しかったです。

 

結果的にファーにいた選手が中に切れ込み飛び込んで決めましたが、クロス前に状況確認していれば、予測はできたと思う。

 

その予測を疎かにしてしまったので、クロスボールに対して、ボールが来てから判断してしまっています。

  

あと、ボールに対するアクションについても苦言したい。

 

前川選手の転び方を見ても、接触を気にして弱気になっています。

 

これも、判断が遅れて自信を持って飛び込めなかった事を証明していますね(^^;

 

思い切った判断で飛び出したのであれば、ボールを弾く為に身体は左サイドを向いているかうつ伏せの状態になっています。

 

遅れて飛び出たから、触るだけでもいいと消極的な対応しか残っていなかったのはGK側のミスですね。

 

対応が後手後手になってしまうと良くない方に自然と流れていきます。

 

失敗が許されないGKでは、後手後手の対応は即失点に結びつきますのでこのプレイは反省して欲しいですね(^^;

 

今節のナイスセーブ

youtu.be

今日のナイスセーブは東京の波多野選手を選びました

 

散々ダメ出ししてたけど、この試合のプレイは安定感があってよかったです。

 

特にこのシュートを止めたのは、いつも指摘していた足元周りのシュート対策がしっかりできています。

 

ポジションに入る前まではガニ股になってしまっていますが、シュートが来る直前のプレジャンプできちんと内側に向けて足の力を集中させています。

 

その為、左足も素早く出せましたね。

 

この後の場面で、正面の強烈なシュートもしっかり足でも壁を作って確実にキャッチできています。

 

こういうしっかり止めることを見せる事で、フィールド選手にも安心感を植え付けることができます。

 

この試合でその感覚を芽生えたかな。

 

そうなったら、波多野選手だけではなく、FC東京の成績も伸びてくる可能性はあると思います。

 

次節でもこの試合のような安定感のあるプレイを期待したいです。

 

おわりに

f:id:nishi30:20210517102417j:plain

ハイライトでの試合を見る機会が多いですが、それでもクロスやハイボールの処理のミスが多いですね(^^;

 

特に今節で言えば、ハイボールのキャッチミスが目立ちましたね。

 

鹿島vs横浜FMの試合もそうでしたね(-_-;)

 

キャッチングミスはやっぱりやって欲しくないミスですね。

 

状況が刻々と変わるのがサッカーの常なので、きちんとキャッチが出来ない状況もあるのは理解できます。 

 

それでも相手の攻めを止めて、確実にマイボールにするプレイなのでミスななくして欲しいと思います。

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村