Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】2021年Jリーグ GKのこのプレイにピックアップ!#8

こんにちは! Nishi です。

 

昨日一昨日と、週の中日でしたが、Jリーグの試合がありましたので恒例の、僕が気になったGKのプレイを紹介します^^ 

  

主に、GKのワンシーンに対して良かった・悪かったと個人的な視点で分析しているので、その前後にあった他のディフェンスのミスは考慮しておりません。

 

あくまでも、GKの技術で防げたであろうプレイに焦点を当てていますので、予めご了承下さい。

 

 中途半端は命取り

youtu.be

まずはじめは、横浜FCvs広島の試合から横浜FC南選手のプレイです。

 

ボールが流れた時、シュートに備えた判断まではまぁわかりますが、その後あきらかに自分の方が相手選手より先に触れれる場面でしたね。

 

キャッチできず、中途半端に足に当てただけのクリアになってしまい、セカンドボールを拾われて失点してしまいました。

 

この場面は、しっかりキャッチできるボールでした。

 

この場面に限らず、最初にこう動こうと決めた判断と、ボールが到達するまで軌道など変わることがあります。

 

その変わったあとにも、最初の考えを捨てて違う判断に切り替えることも重要な要素です。

 

ついつい勢いがついてしまい、身体の動きを急に変えるのは難しいことではありますが、それができるかどうかでやっぱりGKとしての技術の差は出てくるのかなって思います(^^;

 

※この場面、再確認したらバックパスでしたので、GKはキャッチできませんでしたね(^^;ご指摘ありがとうございましたm(__)m

GKが先に触れて大きくクリアできる場面であると訂正します。

 

”攻め”の守り 

youtu.be

続いてはG大阪vs福岡の試合から福岡GK村上選手のプレイです。

 

カウンターから1vs1の場面になりましたが、受け身にならず前に出て距離を詰めたことで、相手選手のシュートを打つスペースを消しました。

 

こういった場面だと、どうしても下がりがちになりますが、その弱気になる気持ちにまけずに、前に詰めることで逆にシュートを打ちにくくさせましたね。

 

これはいい判断だったと思う。

 

味方ディフェンスも何人かカバーに入っていたのを把握できていたのも、この思い切ったプレイに繋がったと思います。

 

カウンターを受けて不利な状況でも、やれることを最低限した村上選手のこのプレイはファインプレイだと思います。

   

今節のナイスセーブ

youtu.be

今節のナイスセーブは広島GK大迫選手を選びました。

 

シュートのセーブと言うより技術的な部分ですが、右サイドからのグラウンダー気味の速いクロスボールをファンブルせずにキャッチできました。

 

クロスのスピードも決して簡単なスピードではなかったけど、しっかりキャッチできたのは高評価です。

 

相手選手二人も詰めていたので、ファンブルしていたら間違いなく失点していたでしょう。

 

また、GKが敢えてスルーしてシュートに備える判断を取っていても、クロスを待っていた相手選手に渡るので失点の確率は上がります。

 

クロスボールを先に触って自分処理することで、その失点のリスクを消したのはナイスプレイですね。

 

またそう判断した実行力も流石ですね。

 

シュートに対するものではないですが、相手ボールをしっかりキャッチしたことによって失点のリスクをなくしたこのプレイはGKの神髄ともいえるプレイだと思います。

 

おわりに

f:id:nishi30:20210408191444j:plain

Jリーグが開幕して早くも1ヶ月経ちますが、だいぶ順位に差がつき始めてきましたね。

 

まだ4分の1も消化していませんが、今後どう立て直すか検討し始めるクラブも出てきそうですね(^^;

 

徳島や鳥栖など、下馬評が決して高くなかったチームの健闘もいちサッカーファンとしては楽しい要素です。

 

次節以降のJリーグの試合も目が離せないですね^^

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村