Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】2020年Jリーグ GKのこのプレイにピックアップ!【第37弾】

こんにちは! Nishi です。

 

今日は、GKのプレイに焦点を当てた企画の第37です。

 

主に、GKのワンシーンに対して良かった・悪かったと個人的な視点で分析しているので、その前後にあった他のディフェンスのミスは考慮しておりません。

 

あくまでも、GKの技術で防げたであろうプレイに焦点を当てていますので、予めご了承下さい。

  

ゴールライン上ギリギリでのナイスセーブだけど…

youtu.be

大分vs札幌の試合から札幌GK菅野選手のプレイです。

 

ディフェンスラインが揃っていない状況で、右サイドから左サイドに振られ難しい状況でしたが、ゴールラインギリギリの所で失点を防ぎました。

 

欲を言えば、できれば身体の向きをしっかりシューターに対して正面に向けて欲しかったですね(^^;

 

そうすれば、ライン上ギリギリでのセーブはなかったかなっと個人的には思います。

 

逆サイドに振られた時に、身体を振られたサイドに向けすぎたのは少し反省点ですが、体勢が悪くてもボールから最後まで目を離さずセーブしたことは高評価です^^

 

実際はヒヤヒヤもののセーブでも、楽々セーブしたと相手に思わせることで、心理的に弱気にさせることも、守る上でのテクニックだと思うので、少し厳しめの注文をつけておきます^^

 

手には触れていなけどナイスプレイ

youtu.be

東京vs広島の試合から東京GK波多野選手のプレイです。

 

ミドルシュートが味方ディフェンスに当たり、イレギュラーしたボールがクロスバーに当たり失点をまぬがれました

 

実際波多野選手はボールには触れていないけど、逆をつかれたけどよくボールに反応できたと思います。

 

熱くなりすぎていると、最初のシュートに勢い任せで身体ごと飛びついてもおかしくなかった場面で、冷静によく身体を残していました。

 

デビュー時からしばらくは、体格の良さや反応だけを頼りにしたプレイが目立っていたので、個人的には評価していなかったけど、最近シュートに対する構え方など細かい技術面が良くなってきていますね。

 

まだ身体の固さが気になる部分があるので、膝の使い方や身体全体のひねりなどを利用した技術を身につけていけば、まだ伸びそうな感じはありますね。

 

この場面の飛び方でも、飛ぶ時の足の体重のかけ方を内側に向けて飛べばまだ遠くに飛べて手を伸ばす事ができます。

 

今後の成長に期待です^^ 

 

今節のナイスセーブ

youtu.be

広島林選手や柏のキム選手もいいセーブがありましたが、今回はこちら浦和の西川選手ですね。

 

中に折り返されてからさらに、ディフェンス二枚の間から来たGK視線からだと見えにくいダイレクトのシュートでしたが、よく反応できましたね。

 

状況的な難易度が高い場面でしたが、膝を抜いて素早く下方に手を伸ばせたのは流石ですね^^

 

若いGKの活躍が目立つ今シーズンですが、ベテラン勢もまだまだ健在ですね^^

 

負けじと来年以降も高パフォーマンスを維持できるように頑張って欲しいですね!

 

おわりに

f:id:nishi30:20201213190706j:plain

Jリーグも今週土曜日に全ての日程が終わります。

 

コロナ流行の影響で、リーグ戦の日程が無事消化できるか不安でしが、何とか年内に終えることができそうですね(^^;

 

まだ天皇杯や、神戸はアジアチャンピオンズリーグも勝ち残っていますし、キツイ日程には変わりないので、最後までコンディション管理には苦労しそうですね…

 

大きなケガがないように祈っています(^^;

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村