Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】2020年Jリーグ GKのこのプレイにピックアップ!【第34弾】

こんにちは! Nishi です。

 

先日11月25日水曜日にJリーグの試合が開催され、首位川崎と2位G大阪の直接対決を、見事川崎が制し優勝決まりましたね!

 

川崎の選手の皆さん、およびスタッフ、ファンの皆さんおめでとうございます!

 

川崎は強かったですね^^

 

他にも試合があったので、今日は、GKのプレイに焦点を当てた企画の第34弾です。

 

主に、GKのワンシーンに対して良かった・悪かったと個人的な視点で分析しているので、その前後にあった他のディフェンスのミスは考慮しておりません。

 

あくまでも、GKの技術で防げたであろうプレイに焦点を当てていますので、予めご了承下さい。

 

ちょっともったいない

youtu.be

鹿島vs柏の試合から柏GKキム選手のプレイです。

 

1本目のセーブは良かったんですけど、セカンドボールに対するポジショニングが悪かったですね。

 

セカンドボールが角度のないところに流れたので、もっとゴールライン付近でポジション取っておいた方が良かったです。

 

あの角度では、ゴールラインから離れていると、この場面のように弾いた方向がゴール方向にボールが向かってしまう可能性が高くなります。

 

蛇足ですが、フットサルでこのような跳ね返りも期待して、GKとゴールラインのわずかな隙間を狙って打ってくる人もいます(苦い実体験あり)

 

1本目のセーブの勢いで、自分で処理しようという気持ちがあったかもしれませんね。

 

ですが、冷静な判断は心がけて欲しいです。 

 

結構キム選手を取り上げていますが、決して嫌いなわけではありません(^^;

 

柏ファンの人が読んでいたら、そう映るかもしれませんが…w

 

Jリーグ公式ハイライトでもたくさん取り上げられているように、いいセーブも多いですが、ルーズなところも多いなぁというのが個人的な感想です。

 

GKには、波の少ない安定感が一番だと思っている人間なので、ルーズなところは厳しい目線にどうしてもなってしまいます(^^;

 

逆に言えば、そのルーズな所を改善すれば、もっといいGKになれると思います。

 

オフサイドにはなったけど

youtu.be

GKのプレイではないですが、鳥栖vs仙台の試合から鳥栖林選手のプレイに注目しました。

 

オフサイドになったけど、このシュートは良かったと思う。

 

一見、シュート体勢が悪くてボールにしっかりミートできていないへねちょこシュートに見えますが、仙台GKスオヴィク選手の反応が完全に遅れているのがわかると思います。

 

GKとしたら、キレイにミートしてくれた方が止めやすいというのもあります。

 

林選手の飛び出しにいち早く反応はしたけど、アウトサイドでちょこんとコースを変えるのは想定外でしたね。

 

予測したとしても、ギャンブルになるのでGKとしては、その対応はしづらいと思います。

 

例えシュートが遅くても、ゴールに向かっていれば、得点の確率は高くなります。

 

よく”決定力”というワードが用いられ、シュートフォームだったりパワーや精度が注目されがちですが、このようなゴールに向かう姿勢や気持ちをまず持って欲しいと思う。

 

アウトサイドキックやトーキックなどで、GKのタイミングを外すことも意識して欲しいと思う。

 

今回のこの場面は記録にならないが、”得点を取る”というサッカーの基本部分を教えてくれるいいシュートだったと思う。

 

今節のナイスセーブ

youtu.be

今回は広島の大迫選手を選びました。

 

C大阪キム選手のセーブもすごく良かったけど、ちょっと語弊あるけど”渋い”セーブの方を選びましたw

 

個人的には、大迫選手のこのセーブの方が処理的に難しいと思いました。

 

弾いてしまっても仕方がないスピードと距離でしたが、混戦の中で倒れ込みながらキャッチできたのは高評価。

 

セカンドボールを拾わせないためにも、GKがキャッチできるかどうか大きなカギになります。

 

倒れながらでも、しっかりキャッチして湘南の攻撃を一瞬でリセットし、広島のマイボールに変えたプレイにあっぱれです。

 

おわりに

f:id:nishi30:20201126110354j:plain

川崎が優勝を決める試合でも今シーズンの好調さを象徴するような試合でしたね。

 

スコアは5-0と、実力差があるように見えるかもしれませんが、G大阪としては引き分けは許されないので、ディフェンスラインを上げて攻めにいった結果なんでスコア以上の実力差はないと思います。

 

そこは、G大阪を擁護しておきますね^^

 

川崎のチームとしての総合力の結果が今シーズンの圧倒的強さの秘訣だと思います。

 

今シーズンまだ試合も残っていますので、残りの試合にも変わらずに注目していきたいと思います。 

 

それでは今日はこのへんで

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村