Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー雑学】背番号着用はいつから始まった?背番号の歴史

こんにちは! Nishi です。

 

サッカーに限らず、チームスポーツに必ず必要なもののひとつに背番号があります。

 

皆さんの好きな背番号は何番でしょうか?

 

僕はGKなのでやはり1番が好きです^^

 

他には、サッカーやってて初めて貰った背番号が12番だったので12番も好きです。

 

それぞれ思い出の背番号があると思います。

 

サッカーを志す者としたら、やはり10番に憧れを抱いたりとか、ドリブラーなら7番などあると思います。

 

今日はそんな背番号のお話です^^

 

背番号誕生前は帽子が目印?

f:id:nishi30:20200430162220j:plain

1860年頃にサッカーが始まり、当初は競技人口が多くなかったので、背番号がなくても観客も選手の顔を見ただけで誰かわかりました。

 

しかしサッカーの人気が高まり、競技人口が増えると選手の顔も名前もわからなくなってきます(^^;

 

そこで区別するために、選手それぞれ違う色の帽子(キャップ)を被ってプレーする方法を考えました。

 

この方法はしばらく続けられましたが、コストがかかるということで廃止になりました。

 

ちなみに、国際試合に参加した選手はこの帽子を貰うことができたので、国際試合出場数を表す言葉として、”キャップ”っと数える語源になりました。

 

コスト面の問題で帽子の着用は廃止されましたが、1910年頃に区別する為の方法として背番号が登場しました。

 

この方法はすぐに広まりました。

 

番号のつけ方までは明記されなかったので、現在のようにGKから順番に番号をつけるチームもあれば、逆にFWから番号をつけるチームもありました。

 

詳しい理由はありませんが、GKから番号をつけるチームが増えていったので、サッカーの場合、自然とGKから番号をつける習慣になりました。

 

ちなみにラグビーは、逆にFWから番号をつける習慣になりました。

 

これも理由はよくわかっていません(^^;

 

フォーメーションの変化による背番号の変遷

f:id:nishi30:20200430162555j:plain

サッカーでは、各ポジションを象徴する番号がそれぞれあります。

 

トップ下なら10番だったり、DFなら3番などがあります。

 

これも元々、GKから順番に番号をつけた名残です。

 

1920年頃に背番号が義務付けされ、当時の基本的なフォーメーションが2-3-5だったことが由来です。

f:id:nishi30:20200430154614j:plain

この後1925年にオフサイドの基準が3人目ではなく、2人目になり攻撃が有利になりました。

 

その対抗策としてDFを増やす必要に迫られました。

 

そこで、MFの真ん中の5番の選手がDFに降りることで対応しました。

f:id:nishi30:20200430154924j:plain

時代ごとに戦術の流行りによってフォーメーションも変わっていきます。

 

その後ハンガリーやオランダが、サイド攻撃も織り交ぜる為にSBを置くようになると、今度はMFの4番の選手がDFに降りて、6番が中盤の底、10番8番が攻撃的MFとして中盤に定着していきます。

 

これが今現在の背番号の基準になっているかと思います。

 

CBが4番や5番をつけるケースが多いのは、元々中盤の番号だったことが理由です^^

 

固定番号制

f:id:nishi30:20200430162721j:plain

1990年代までは、試合に始めから出場するスタメンは1~11番までの背番号をつけて出場していました。

 

ですから、クラブチームに契約し所属していても事前に番号が割り当てられることはありませんでした。

 

1993年に、イングランドのプレミアリーグで固定番号制を導入すると各国でも同様に採用するようになりました。

 

固定番号制になっても前述の慣例に従い、DFは2~5番をつける選手が多いなど各ポジションを象徴するような番号は根付いていました。

 

ちなみに、10番がエースナンバーになったのはブラジルの英雄ペレがつけていた番号だというのは有名な話ですが、これは偶然による出来事でした。

 

ワールドカップでは、選手登録の管理の為、固定番号制が古くから採用されておりました。

 

しかし、ブラジルのサッカー協会がうっかり背番号を記入しないまま提出していしまい、困ったFIFAが確認せずにテキトーに番号を割り当てたそうです。

 

そのおかげで当時17歳だったペレが、まだレギュラーでもないのに10番を背負ってワールドカップに出場することになりました(^^;

 

ペレはその大会で大活躍しブラジルを優勝に導きました。

 

うっかりミスのおかげで、エースナンバー10番は誕生することになりました(^^;

 

おわりに

f:id:nishi30:20200430162751j:plain

背番号にまつわる話はたくさんあります^^

 

それだけ選手にとっても思い入れがあったり、縁起を担いだりするくらいなので大事なもののひとつなのかもしれませんね。

 

普段の生活でも、何となく気になる数字ってあるかと思います。

 

他人からしたらそれは些細な事でも、自分自身の人生を左右する大きなものでもありますよね(^^;

 

その数字とともにそれぞれ長く付き合っていくのかもしれませんね。

 

それぞれ持っているラッキーナンバーを大切にして下さいね^^

 

それでは今日はこのへんで。

 

ご拝読ありがとうございました。

 

⇓参加しています。ポチっとしてくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

この記事よかった!っと思いましたら、スターかブックマークを押してくれると喜びます^^