Web
Analytics

北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカー】日本がGK王国と呼ばれる日が来るのを夢見て

こんにちは! Nishi です。

 

全世界で、新型コロナウイルスの影響でリーグ戦の開催が延期になり、少し淋しいシーズンになっています。

 

しかしその中でも、安全を確保の上でチャンピオンズ・リーグの試合が開催されています。

 

贔屓のクラブが勝ち上がるかも気になりますよね。

 

そしてチャンピオンズ・リーグ ラウンド16に登場した、王者リバプールが敗れる波乱がありました。 

sport-japanese.com

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

この試合で評価を上げたのが、記事でもあるようにアトレティコ・マドリーのGK オブラクでした。

 

勝負所で好セーブを連発し、再三にわたって窮地を救いました。

 

オブラクは、世界でも指折りのGKとし名を轟かせています。

 

GK王国・スロベニア 

f:id:nishi30:20200313114103j:plain

そんな、世界的なプレイヤーとして知名度を得ているオブラクは、どこの国の選手かご存知でしょうか?

 

優れた選手なんだから、「きっとスペインやイタリアなどサッカー大国出身なんでしょ」っと思うかもしれません。

 

しかし彼の国籍は、スロベニアという国なんです。

 

スロベニアと聞かれてもピンとこないと思います。

 

1991年のユーゴスラビア内戦によって分離独立を果たした、アルプス山脈の麓にある小国です。

 

アルプス山脈にある国らしく、スキーなどウインタースポーツが盛んで、むしろサッカーよりこちらの方が盛んです。

 

あまりサッカーが盛んでない国の出身でありながら、世界的な名手が生まれるのはなんともスゴイ話ですね^^;

 

そのスロベニアは、オブラクの前に正GKとして活躍していたのが、PKストッパーとして有名なハンダノビッチ

 

このハンダノビッチはイタリアの名門クラブ、インテルで今もなお現役として奮闘しています。

 

決してサッカー強国ではない国で、時代の節目に連続で世界的なGKを輩出しているのは何か理由でもあるのかな?っと思いました。

 

優秀なGKの育て方 

f:id:nishi30:20200313112908j:plain

そこで、少し前にスロベニアで主にジュニア世代を中心に指導していたGKコーチの育成方針がありました。

 

「GKのプレーは受け身ではなく、ボールに対してアタックすること。これが、日本と欧州のGKのプレーに対する考え方の、一番の違いです」

と話し、基本プレーのキャッチから「前方で捕る」「ボールにアタックする」という部分を強調します。

引用元:サカイク https://www.sakaiku.jp/training/2019/014221.html

 

後出しジャンケンだって言われるかもしれないけど(絶対言われるなぁw)、僕のGK理論と全く同じ考えでした。

 

一応過去記事貼っておきます⇓

www.mariaazzura-nishi.com

僕は経験上、出来るだけ前にアタックした方がいいという考えでした。

 

強いシュートが来ると、手を出してもボールの勢いが勝り、後ろに持っていかれてしまいます。

 

そうならないようにする為にも、意識して前に向かって止めに行くようにしています。

 

フットサルなら、近距離で速いシュートがバンバン飛んできますので、余計に意識してプレイしていた方がいいです。

 

この考え方を育成年代から徹底的に教え込んでいるそうです。

 

日本でもGK専用のコーチがもっと増えなければ、世界で通用するGKが育たないと持論ですがあります。

 

やはり中堅国で、ワールドカップで安定的に決勝トーナメントに進んでいる国をみていると、必ず世界的に見て優秀なGKが連続的に輩出しています。

 

メキシコ、ウルグアイなんかがいい例ですね。

 

決してダントツの優勝候補ではないですが、ワールドカップで安定した成績を残しています。

 

まず日本もこの地位までに登りつめて欲しいと思っています。

 

おわりに 

f:id:nishi30:20200313114154j:plain

GKは家づくりで例えると、”土台”だと僕は考えています。

 

その”土台”がしっかり安定していないと、良い材木や良い断熱材を使っても簡単に家は崩れてしまいます。

 

常にその安定した”土台”を作っていけるような、GKの育成システムを構築していきたいですね。

 

その一環に、僕の雑ブログが少しでも貢献できたらと思っています^^;

 

またGK理論のお話したいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します^^

 

それでは今日はこのへんで。

 

ご拝読ありがとうございました。

 

⇓参加しています。ポチっとしてくれると励みになります。 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

この記事良かった!と思ったらスターやブックマーク押してくれると尚嬉しいです^^