北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【スポーツメディア】がスポーツをダメにする。メディアの在り方について考えてみた。

こんにちは! Nishi です。

 

2019年もあと一か月半。

 

あっという間にもう年末です^^;

 

個人的にはラグビーのワールドカップが終わり、気持ちの面でロス感がありなんとなくぼや~んと過ごしております^^;

 

ぼや~んとしながらネットや雑誌でニュース記事を読み漁ってる日々。

 

またかよと思う記事を発見(-_-;)

 

きちんと考えた方が良い記事を紹介します。
web.gekisaka.jp

 

海外の記事ですが、要約すると記者がサッカーとは関係ない質問をして、選手は質問にスルーしたという記事。

 

海外メディアの話しかといえばそうなんですが、日本のメディアはこれよりもっと酷いなっと思うのが僕の私感。

 

ってか拍車をかけて酷いと思う。

 

スポーツメディアなんだから、もっとその競技の技術的なことだったり、試合中のあのプレイに対してどういう意図があったかなど、その競技の本質にあった質問をぶつけるべきだと思う。

 

これから食べたいものはなに?とか好きな映画は?とか試合と関係ないことは試合後のインタビューでするものでしょうか?

 

また引退会見などで、同じような質問を繰り返したりと選手やファンのことなんて丸っきり考えない質問が飛び交ったりするのが日常茶判事になってしまっている。

f:id:nishi30:20191114185521p:plain

僕はスポーツメディアまでワイドショー向けにする必要はないと思う。

 

選手としてもその競技の特徴や面白さを、もっとアピールして競技人口を増やしたいと一番に思っていること。

 

それを度外視して、お茶の間ウケばかり追いかけてるのが今の日本のスポーツメディアなのではとつくづく思う。

 

美女アスリートや〇〇王子とかアイドル化させて、全くその競技のことを語ろうとしない。

 

残念ながらサッカーでもその傾向は強い(-_-;)

 

実況&解説のレベルが低いのも、普段から真剣にサッカーを観てないから、いざ実況&解説するにも的確な言葉が出てこない。

 

また選手も競技に関した厳しいコメントが来ないものだから、選手自身が改善しなきゃという意識が薄れてくる。

 

選手のことを本当に思うのなら、結果についてもっと突っ込むべきだと僕は思う。

 

そうすることによって選手のレベル向上に繋がるし、良い意味での緊張感が生まれてくると思う。

f:id:nishi30:20191114190145p:plain

だから尚更、現役スポーツ選手をアイドルのように取り上げることはやめて欲しい。

 

ただ視聴率を稼ぎたいだけのメディア主導のスポーツ中継ではなく、その競技&選手にスポットを当てたメディアがたくさん現れることを願う。

 

スポーツメディアも、ほとんどが大手既存メディアの下で動いているので改善は難しいと思う。

 

グチっぽくなって申し訳ないが、今のスポーツメディアの在り方はスポーツ界の憂いだと危機感を抱いています。

 

僕はサッカー・フットサルというツールで活動していますが、日本全国にスポーツ文化をもっと根付かせたいと思っています。

 

発信源のメディアがポンコツなのはちょっとがっかりですが、自分で出来ることは微力だけどしっかりと発信していきたいと思います。

 

今日はこのへんで。

 

ご拝読ありがとうございました。

 

⇓参加しています。ポチっとしてくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村