北の大地の南側から

サッカー・フットサルを中心にスポーツの話題を、時には楽しく、時には厳しく記していくブログです。

【サッカーと歴史】ちょっと歴史の話し。日本とスペインとのつながりをもっと親密に

こんにちは! Nishi です。

 

なかなか興味深いニュースを見つけました。

 

www.sponichi.co.jp

 

昨年のイニエスタ、フェルナンド・トーレスに続き、またJリーグに元スペイン代表の大物が来る・・・かもしれないというニュースです^^

 

しかも水面下だけど獲得を狙っているのが・・・

 

コンサドーレ札幌\(◎o◎)/!

 

どうしたコンサドーレ・・・^^;

 

熱狂的なコンサフリークではないけど、地元北海道にサッカー界の世界的なスター選手が来るとなるとこれまた驚きです。

 

数年前まで、語弊かもしれないけど戦力&資金的にも弱小チームだったのに、こんな大物にまで手を出せるようになったのかと思うとホント感慨深いです。

 

まっ、まだまだ決まったわけでもないですし、慎重にこのニュースは追っていきたいと思います^^;

 

記事のとおり、ダビド・シルバ選手はプレミアリーグのマンチェスター・シティでバリバリ活躍している選手。

 

もう年齢も30歳を過ぎ、全盛期は過ぎたとはいえまだまだやれる年齢です。

 

また、母親が日系人ということもあり日本とも遠からず縁を持っている選手。

 

戦力面でも集客面でも、いい選手だと思うので前向きな検討をしてもらいたい。

 

近年、サッカーの本場のひとつ、スペインから続々とJリーグに移籍してくる選手が増えています。

 

無論、近年の”スペインブーム”イニエスタ選手の効果は大きいと思います。

 

実はサッカーだけにではなく、歴史的にも日本とスペインは昔からずっと繋がっています。

 

江戸幕府が開府した1600年代初頭、伊達政宗が慶長遣欧使節団を欧州に向け派遣しました。

f:id:nishi30:20191107142733p:plain

この使節団の欧州での玄関口になったのが、スペイン南部のアンダルシア地方のセビージャでした。

 

このセビージャからローマ法王に伊達政宗からの親書を届け、政宗の野望を叶える為(※諸説あり)に出向きましたが、思った成果は得られず失意のうちに帰路に経ちます。

 

その帰り際、何の成果も上げれなかった使節団の何人かは日本に帰ることを拒み、遠いスペインの地にそのまま住んだといわれています。

 

その玄関口のセビージャ近郊にコリア・デル・リオという街があり、そこに住んでいる人に日本人の血が流れている人がたくさんいるそうです。

 

その人達の名字も”ハポン”という名字が多く、スペイン語で”日本”という意味だそうです。

 

他にも子供には蒙古斑ができたり、水田の技術も日本と同じ作り方であったり、この街だけに”ハシ”や”ビョウブ”、”ワラジ”といった言葉があるとそうです。

 

400年も前から日本とスペインは繋がりがあった国同士、今度はサッカーで両国の輪を繋げれたらいいなと思います。

 

スペインを経由して、世界中からいい選手が流れてくるルートも出来上がります。

 

そうなるとリーグ自体のレベルアップに繋がるし、また収益面でも世界のサッカーフリークがJリーグを観るための放映権収益も見込めるのでよい流れだと思う。

f:id:nishi30:20191107143211j:plain

こういう世界を意識した戦略は、どんどん進めてリーグ活性化して欲しいと思う。

 

また先ほども述べましたが、スペインと日本の国家間での友好にも一役担うことが出来ます。

 

こういったサッカーを使った外交も、日本にとってプラスに働くと僕は思っています。

 

スポーツと政治は一緒にするなっと言われるかもしれないが、国威掲揚の為だったり、試合の結果に介入したりしなければ、スポーツ外交は大きい手札になると思っている。

 

政治を担う場合はそういう狡猾さはあってもいいと思う。

 

何はともあれ両国間で、win-winの関係を築ければいいなぁと思います。

 

ご拝読ありがとうございました。

 

⇓参加しています。ポチっとしてくれると励みになります。 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村